倉敷酒工房 渡辺酒造本店の「蔵元情報」です

蔵元情報
トップページ » 蔵元情報 »

蔵元情報

渡辺酒造の歴史

倉敷市連島にある昔ながらの造り酒屋
創業明治42年

倉敷市連島にある昔ながらの造り酒屋渡辺酒造は明治42年、江戸時代に干拓によって開けた倉敷市連島町亀島新田で創業されました。2019年に創業90周年をまもなく迎える現在でもなまこ壁の酒蔵、レンガを積み上げた煙突、店頭に下がる酒林(杉玉)など渡辺酒造は昔ながらの造り酒屋の姿そのままを残しています。

昭和初期に酒銘を統一し、代表酒銘となった「嶺乃誉」は、富士山のすそ野に朝日が昇るがごとく雄大な姿を表すと同時に、商売の繁栄を願って命名されたもので、激動の昭和・平成時代を渡辺酒造の主力商品として支えてきました。

現在の四代目蔵主 渡辺英気は近年「多品種、少量化」で原価をかけた良い酒造りを実践してきましたが、平成最後となる今年、渡辺酒造は新杜氏 藤井時弘を迎え、新たなる酒造りの挑戦をスタートさせました。「倉敷純米酒新時代」と銘打ち3つの新商品を中心に国内や海外に向けて展開していきます。

渡辺酒造の酒造り

伝承の和釜槽搾り
軟らかくまろやかな純米酒に

伝承の和釜槽搾り酒造業は全て和釜でゆっくり蒸し上げ、自然に逆らわず、じっくり低温発酵させ出来上がったもろみは、昔ながら槽でなるべく圧力を掛けずにゆっくりと搾ってゆきます。手間のかかる伝統ある和釜槽搾りならではの軟らかくまろやかな純米酒が出来上がります。

こだわりの原材料

高梁川の伏流水と岡山の酒造好適米
岡山の水と米が生み出す個性的な酒

高梁川の伏流水と岡山の酒造好適米栽培が難しく、生産量が少ないため「幻の酒米」と全国の酒造家に渇望される酒造好適米の「雄町米」や「朝日米」を贅沢に精米し、米と米こうじと倉敷に流れ込む清流「高梁川」の伏流水のみで造り上げています。

木村式農法による米作り

自然農法で栽培した「朝日米」
「奇跡のリンゴ」と同じ農法で育てたお米

自然農法で栽培した「朝日米」世界で初めて無農薬・無施肥のリンゴ栽培に成功した木村秋則氏の提唱する農法を岡山を代表する米品種に応用して作り上げられました。
農薬・肥料・除草剤を全く使用しないで栽培された「朝日米」は微生物や小動物、昆虫など全ての自然の力を結集して作った自然米です。

杜氏 藤井時弘

新杜氏を迎え新たな酒造りへ挑戦
新杜氏 藤井時弘の酒造り

新杜氏を迎え新たな酒造りへ挑戦岡山に生まれ、26歳の時から三重・岡山・福井の3つの酒蔵で20年間の修行を積んだ後、四代目蔵主渡辺秀樹との運命的な出会いにより倉敷の酒蔵へ移籍してきました。
「やるべきことをきちんとやり、どの工程においても決して手を抜かない」のが藤井杜氏の酒造りの信条です。「雄町米」や「朝日米」と言った地元岡山産のお米を使い、倉敷の気候にもっとも合った酒造りを目指して日々研究に精進しています。

蔵主 渡辺英気

蔵主の酒造りへのこだわり
手造り・地元素材・備中杜氏の技

蔵主の酒造りへのこだわり四代目蔵主 渡辺英気の酒造りは、あくまでも手作りの地酒にこだわり、岡山の米と水、そして備中杜氏の技とを駆使して、できるだけ手をかけて酒の個性を引き出したいと考えています。
毎年、新酒が出来上がる季節に酒蔵でクラシックコンサートを開催しています。芸術と文化の街倉敷にふさわしく、地元で活躍している音楽家を招致し、新酒とともに音楽も鑑賞できる場を設けるなど、地域に根付いた日本酒造りをしながら社会に貢献していきたいと思っています。

会社概要

店舗名

有限会社 渡辺酒造本店

販売業者

有限会社 渡辺酒造本店

代表責任者

渡辺 英気

販売責任者

渡辺 英気

所在地

〒712-8002 岡山県倉敷市連島町亀島新田170

TEL・FAX

TEL:086-444-8045/FAX:086-444-8043

アクセス

PAGE TOP